タグ別アーカイブ: アスリート

加圧トレーニングの有効性4アスリートのパフォーマンスアップ

美容・ダイエットの手段として人気に火のついた加圧トレーニングですが、決して体の見た目の変化のみを目指すトレーニングではなく、パフォーマンス(能力)アップの面でも優れたトレーニング方法といえます。アスリートの方こそ、一度体験していただけば、加圧トレーニングがこれまでの常識を覆す画期的なトレーニング法であることをご理解いただけるのではないでしょうか。

各競技のそのままのフォームで筋トレができる

加圧トレーニング最大の特徴は、「軽い負荷で筋力を鍛えられる」こと。極端な話、ダンベルなどのウエイトを使わなくても、加圧ベルトを巻いて体を動かすだけでも筋トレが可能です。

実際、通常なら筋肥大が起きない(筋トレ効果がない)ウォーキングにおいて、加圧状態では筋肥大が見られたとの研究結果も出ています。

この特性により、加圧ベルトを腕や脚に巻いた状態で、例えば野球のシャドウピッチングをしたり、ゴルフのスイングをするだけで、その動作に必要な筋肉をバランスよく鍛えることができるのです。

従来のトレーニング方法では、動作を解析して各部位ごとに筋トレをして、それとは別に反復練習をする必要があり、非常に時間がかかりました。それが加圧トレーニングなら、反復練習と同時に、使用するすべての筋肉をバランスよく鍛えることができるのです。

これまでもチューブやウエイトなどで負荷をかけながら素振りをする、シャドウピッチングをするというようなトレーニング方法がありましたが、この場合、実際の競技動作とは体の使い方が異なり、スピードが失われたりフォームが崩れたり、体の連動性が悪くなってしまう恐れがありました。加圧トレーニングであれば、競技とほぼ同じ動作ができるので、より実践的なトレーニングが短時間で行えるのです。

遅筋と速筋を同時に鍛えられる

遅筋と速筋を簡単に説明しておくと、継続的な動作を行うのが遅筋で、瞬発力を発揮するのが速筋。遅筋を鍛えるには、軽めのウエイトを繰り返し持ち上げるようなトレーニング、速筋の場合は重たいウエイトを一気に上げるようなトレーニングが行われます。

加圧トレーニングでは、この特性の異なる2種類の筋肉を同時に鍛えることが
できます。なぜそれが可能かというと、加圧トレーニングは「軽いウエイトで筋肉に強い刺激を与えることができる」からです。

例えば男性アスリートが2kgのダンベルでアームカールを繰り返すとします。軽々できてしまうこの運動の場合、通常なら遅筋しか使われません。しかし、加圧の場合、この2kgのダンベルがどんどん重たく感じられるようになり、遅筋だけでは持ち上げられず、自然に速筋も動員されて鍛えられます。このように軽いウエイトで遅筋と速筋を鍛えられるのは、加圧トレーニングならではの効果です。

この効率性に加え、速筋を鍛えるために重たいウエイトを使う必要がないという安全性(怪我の危険性が低い)もアスリートにとっては大きなメリットといえるでしょう。

持久力&回復力のアップ

パフォーマンスアップを望むアスリートにとっても、加圧は画期的なトレーニング方法です
血流を制限する加圧トレーニングでは、筋疲労の回復、乳酸の処理も制限されます。この状態でトレーニングすることで、乳酸への耐性と乳酸処理能力が高まり、持久力、回復力ともにアップします。

効率的に瞬発力も持久力も高められ、しかも安全な加圧トレーニングは、あらゆる競技のアスリートにとって、画期的で有効なトレーニング方法となるでしょう。野球、サッカー、水泳、陸上競技、フィギュアスケート、格闘技などの競技者および監督、コーチの皆様、ぜひトレーニングメニューに加圧を取り入れてみてください。伸び悩みや故障の問題を抱えている方も、一度ご相談ください。

(上級加圧インストラクター・健康運動指導士/桂建三)