加圧トレーニングの有効性1生涯現役のために

加圧トレーニングというと、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。杉本彩さんや藤原紀香さんが人気の火付け役となったこともあり、「美容・ダイエットに良いトレーニング」と思われている方が多いのではないでしょうか。

確かに加圧トレーニングは、美容・ダイエットに有効ですが、それがすべてではありません。

そもそも加圧トレーニングとは、専用ベルトを腕や脚の付け根に巻いて血流を制限することで、実際の運動量以上の刺激を筋肉に与えるもの。「軽い負荷・短時間の筋トレで、ハードなトレーニングと同じ状態」を再現できるのが、最大の特徴です。この特徴が、様々な人に「筋力トレーニングの恩恵」をもたらしてくれます。

高齢者の方の加圧トレーニング

まず加圧トレーニングをおすすめしたいのが、高齢者の方です。
筋肉は鍛えていないと、歳を取るに連れてどんどん衰えていきます。すると歩くのも億劫になり、日常生活における運動量が大幅に不足し、様々な不調を引き起こします。つまずきや転倒、腰の湾曲なども、筋力の低下がその原因となります。

だからといって、高齢の方が通常の筋力トレーニングをしようとしても、すでに充分なトレーニングを行えるだけの体力が失われていたり(例えば、腕立て伏せで鍛えようとしても、腕立て伏せ自体ができない)、膝や肩などの関節が筋トレの負荷に耐えられず、逆に体を痛めてしまうことにもなりかねません。

そこで、「軽い負荷・短時間で充分な効果が得られる」という加圧トレーニングの特徴が生きてきます。加圧トレーニングでは、高齢者の方でも無理なくできる体操程度の運動で、しっかりと筋肉を刺激することができるのです。

軽い負荷・短時間で効果的に筋肉を鍛えられるのが加圧トレーニングの特徴
また、成長ホルモンの分泌が促されるのも加圧トレーニングの大きな特徴。成長ホルモンには筋肉の成長を促進させる働きがあるので、従来トレーニング効果が出にくい高齢の方には、この点でも加圧トレーニングがおすすめといえます。

無理なトレーニングで体を痛めてしまっては元も子もなく、つらすぎるトレーニングなど、そうそう続けられるものではありません。
生涯現役として、豊かな人生を送り続けるために、加圧トレーニングをぜひ、生活習慣として取り入れてください。

(上級加圧インストラクター・健康運動指導士/桂建三)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です